栃木県議会トップ

請願・陳情 議決結果一覧

詳細情報

請願・陳情名

第8号 (平成11年) 国旗・国歌の法制化について(陳情)

受理年月日

平成11年6月18日

付託委員会

総務企画委員会
付託日:平成11年6月23日

紹介議員

議決結果

議決日:平成11年7月1日
議決結果:採択

内容

 日の丸・君が代は明治以降、国旗・国歌として国民の間に定着し、国際社会においても広く認知されて今日に至っている。
 しかし、教育現場における国旗・国歌をめぐる混乱は後を絶たず、本年2月広島県立高校長の自殺という痛ましい事件に発展し、国民に衝撃を与えた。
 この問題は国会においても議論を呼び「教育現場の混乱と荒廃を防ぐ意味から国旗・国歌の法制化が必要である」との世論を背景に国旗国歌法案が国会に提出された。
 国旗・国歌の法制化は、青少年が学習を通して日本の前途に希望と誇りを持ち、ひいては他国の国旗・国歌を尊重する国際良識を養う緊急の課題である。
 政府は今国会中の法案成立を期しているが法制化が遅滞すれば、既に国旗・国歌をめぐる問題を正常化している本県を初め他県において問題の再燃がないとは言えず、憂慮に耐えない。
 よって、広島県等の学校現場において年中行事化した国旗・国歌をめぐる混乱状態を一日も早く解消して前途ある青少年育成の健全な教育環境を回復すべく、法案に国旗・国歌の尊重規定を付した法制化の実現を、地方自治法第九十九条第二項の規定により、政府に対し貴議会より意見書を提出されるよう陳情いたします。

メニュー