現在位置 :トップページ請願・陳情の詳細情報 › 保育士等の処遇改善、保育の無償化のための必要な措置を求める意見書の提出を求める陳情書

請願・陳情の詳細情報表示

第42号(平成30年) 保育士等の処遇改善、保育の無償化のための必要な措置を求める意見書の提出を求める陳情書

受理番号 第42号
(平成30年)
受理年月日 平成30年11月14日
付託委員会 生活保健福祉委員会 委員会付託年月日 平成30年12月5日
議決結果 議決年月日
紹介議員
第42号(平成30年)
  保育士等の処遇改善、保育の無償化のための必要な措置を求める意見書の提出を求める陳情書

要  旨
陳情の趣旨
1.国に対して「保育士等の処遇改善、保育の無償化のための必要な措置を求める意見書」を提出してください。

理由
 2015年の子ども・子育て支援新制度実施以後も保育士不足など保育問題は深刻化しており、保育・子育て環境の整備はまったなしの課題となっています。すべての子どもたちが安心して育つことのできる社会を実現するためには、国の責任で安定的な財源を確保し、市町村と連携した認可保育所の整備はもとより、実態に合わない配置基準の改善による保育士等の増員と処遇改善による「保育の質」の確保、保育の無償化も含めた総合的な対策をすすめることが求められています。
 つきましては、貴議会より、国に対して、「保育士等の処遇改善、保育の無償化のための必要な措置を求める意見書」を採択・提出していただけるよう陳情いたします。
Copyright(c) 2018- 栃木県議会 Tochigi Prefecture Assembly. All Rights Reserved.